武蔵野公園 自転車コースを守る会

市民の手で維持してきた自転車コースが存続の危機にあります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西部公園緑地事務所との話し合い11/23

本日15:30から武蔵野公園管理事務所にて自転車コースについての
話合いを行いました。
西部公園緑地事務所からは管理課長が出席頂きました。

今回の話合いではお互いの認識を確認し合い
今後も継続的に話合いを続ける事が決定しました。

行政側のコース撤去の理由としては正式な申請が上がって
許可されたコースでは無いからという事でした。
都民の声(平成18年11月)に記載されている「要望があり試験的に開放」というのは
公園管理の中の運用レベルでコースを黙認してきたとのことでした。

その後の看板設置、巡回見回りに関してもコースを安全に利用してもらう為の
措置でコースを許可することとは違うとの事でした。

私たちとしては要望書を提出し開放され、公園事務所からの指摘
指示に従いコース運営してきました。

その後、看板を設置する事が決まり、看板に記載する文言イラストも
私たちから提供するなど公園側と密な連携が取れていたと思っていました。

また看板設置、都民の声の回答などの行政側の動きに対し
正式に存在を認められたと認識していました。

今回の話合いでは相互の認識の違いを踏まえて
今後話合いを重ねる事を約束頂けましたので
良い形で問題を終息出来るよう活動していきます。







スポンサーサイト

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。